おぶぶのお茶ってどんなお茶

『夏のお茶の楽しみ方  ~夏だし、水出し~』

まだまだ暑い日が続きますね。。

そんな暑さにぴったりの夏のお茶の楽しみ方を今日は紹介しようと思います。

こんな暑いのにお茶なんて淹れてられるか!って思いました?

ご存知の方も多いと思いますが水出しで簡単に冷たいお茶が作れるんです。

お茶を詰めたパックをポットに入れて

水を注いで一晩待てば完成(水1Lに対して茶葉8g)

簡単に作れるので、毎日の農作業中のティータイムも

みんなで水出し茶を飲んでいます。

煎茶・ほうじ茶・玄米茶・茎茶・京番茶・和紅茶

どんなお茶でもこのレシピで水出し茶が作れるのですが、、、

おぶぶのおすすめはやっぱり

アッキーの茶畑の相方、こんちゃんのおススメはコチラ

夏に採れたお茶を夏の楽しみ方でいただく。

味も春に比べてさっぱりしているので、水出しにぴったり。

↑7月の末に私たちも夏の収穫を終えました

偶然なのか必然なのか、旬のお茶をその時期に適した淹れ方で楽しめる。いいですね~

ちなみにこの太陽の煎茶(夏)だと、1Lあたり約75円(8gの茶葉を使った場合)で作れるのでペットボトル茶を買うより安いですね

夜寝る前にポンっとするだけで美味しい冷茶が作れるので

是非一度お試しください。

今回のこのブログは

おぶぶファミリーで

茶畑アシスタントのこんちゃん!

の提供でお送りしましたっ!

いつもは茶畑で頑張ってくれているのですが、夏で農作業がゆっくりになったので、OLになってたくれてたりします!

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

hiro
hiro
お まつりごと や、
スーパーサブを担当しています。


一瞬一瞬を楽しみ、
シアワセと感動を皆さまと分かち合えたらいいなと思っています。和束でお会い出来たら嬉しいです。

焚き火大好き。
プチサバイバー目指してます!

京都おぶぶ茶苑の創業者の一人。日本茶インストラクター第一期(01-0241)
Return Top