おぶぶの活動

【茶畑からの社会貢献】お茶摘とお茶の飲みくらべ体験

【茶畑からの社会貢献】お茶摘とお茶の飲みくらべ体験

11月上旬 秋晴れの中、京都府和束町のおとなりの木津川市から、しょうがい者就業・生活支援センター工房グリーンフィールドの皆さんが校外学習としておぶぶの茶畑に来てくれました。

工房グリーンフィールド

おぶぶ茶苑ではいつも茶袋のラベル貼りやパンフレット折りなどお願いしています。

今年はコロナの影響で毎年恒例の宿泊体験が出来ないため、近場での行き先をということでおぶぶ茶苑の茶畑を選んで頂きました。

何度か施設も訪問しているので、良く知ったお顔もちらほら!!

茶畑では、お茶摘みをしたり和束町で美味しいお茶が作られるようになったことをお話しました。

製茶工場に移動してからは、かぶせ煎茶、和紅茶、抹茶の3種類のお茶を飲み比べ。

皆さん楽しく体験頂けたようで笑顔もたくさん見られました。

なかでも、普段お茶は一切飲まないのに今日は何杯も飲まれていたのでよっぽど気に入ったんですね〜〜とサポートの方がびっくりされていました。

実際にお茶を摘んでもらったり、自分で急須を使って淹れると、やはり飲みたくなってしまうのでしょうか。。。。

とても嬉しいお話でした。

最後におぶぶ茶苑からお茶のプレゼント!!おうちでもご家族とお茶をゆっくりと飲んで欲しいですね。

また遊びに来てください〜〜〜

いつでも待ってます!!!

イベントの様子

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

竹内加代
竹内加代
和束の茶畑の風景に惹かれ、2000年家族で和束に移住。子育ても一段落した2007年おもてなしチーフとして、おぶぶスタッフとなる。現在、千名近い茶畑オーナーさまのおもてなしをはじめ、国内やアジア地域の卸販売も担当。おぶぶの癒し系?笑
Return Top