おぶぶについて

【今週の農作業】挿し木をしました!

インターン生と一緒にお茶の挿し木をしました〜!

今回挿し木をした品種は、うじひかりです。うじひかりは京都府の在来種実生より選抜され、1954年に育成された品種です。綺麗な緑色が特徴で、抹茶の原料となる碾茶や、玉露として覆い香味を発揚しやすい品種と言われてます。

まずは挿し木の元となるお茶を収穫します。

こんな感じで、30cmほどの位置でカットします。

インターン生のみんなも朝早くから黙々と作業してくれました!

実は、インターンNo.101、ドイツ出身のティナも、少しの間和束に戻ってきてくれていて、一緒に手伝ってくれています!!嬉しいですねーーー!

今日は1時間で、合計2000本くらい収穫しました!

収穫後の一枚です↑ 雨の中みんなありがとう!

そして収穫後は工場に戻って、お茶をさらに細かく切る作業です。

あっきーさんのお手本を元に、二葉ずつに切っていきます。

ある程度切れたら、次はいよいよ苗床に挿していく作業に移ります!

等間隔を保ちながら、二葉目が少し砂に被るくらいを目安にひたすらプスプスと、挿す作業を繰り返します。

お茶に向き合いながら黙々と外で作業する時間は、とっても贅沢でした〜。(※感想には個人差があります)

みんな頑張ってくれて、日が暮れるまでには2000本ほど植え終わりましたー!!!

ミシェルとカイも最後までありがとうーーー!!

今日植えた苗木が収穫できるようになるには、あと7年ほどかかります。一足お先に試してみたい!うじひかりってどんな味?そんなあなたはコチラから。

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

Moe
Moe
国際インターン生№67
兵庫県豊岡市出身
笑顔が素敵な 
採れたてフレッシュ新入社員
全てのおぶぶ茶苑の業務をサポートしつつ

Intern coordinator
Tea tourism部門 担当 
日本語通信販売部門 担当
をしています!

趣味 お一人様ギター 柔軟体操

アッキーのスペシャル 
アシスタントファーマーこんちゃんの中学時代からの親友
テニスでダブルス組んでました!
Return Top