お茶会

小学6年生がくれた、うれしい感想

先日、お茶の授業をおこなった、地元小学校の小学6年生から、うれしいご感想をいただきました。


小学6年生、抹茶を点てる!

▼そのときのようす
【授業】小学6年生、和束茶を学ぶ。

▼うれしい感想たち。

お茶ってすごいんだなと思いました。
京都では「お茶」のことを「おぶぶ」ということも知り…

今までよりお茶がすきになりました。
もっといろいろなことを知りたいなと思いました。

これからはどんどんお抹茶を飲みたいと…
初めてしったのは、お茶が食べれる!!ということ

お茶は和が感じられました。
今まで飲んだことがないお茶を飲みました。

僕はお茶がちょっと好きになりました。
ぼくがいちばん好きなお茶はウーロン茶です。

自分たちでつくった抹茶はおいしかったです。
こがしたお茶が好きでした。

一番「ほうじ茶」がおいしかったです。
お茶を色々な温度の湯で飲ましていただいたり・・・

煎茶をしょう油にひたして食べる前は苦いかなと…
抹茶はにがくておいしく無かったです。

とても美味しくて「こく」がある感じでした。
学校で飲むお茶は、また味がちがって・・・

味は、大人の味でした。
またこういう授業を受けてみたいです。

帰ってまた家族にもいれてあげたいです。
わたしはお茶が大好きで、毎日50回以上・・・

正直、お茶の体験なんていやだなと・・・

みんなありがとう!
大人になっても、いっぱいお茶飲むんだよー(笑)


6年1組のみんなと。

▼イベントのようす
【授業】小学6年生、和束茶を学ぶ。

これからのイベント
あなたも参加してみませんか?
これまでのイベント
ほかにもイベント目白押し!
Return Top