おぶぶについて

どもでーす!

みなさま!

お久しぶりでごさいます🙇

いかがお過ごしでしょうか??

和束の飲食店はほぼ閉まってる状態で、なんだかな〜って感じですわ‥😨

茶畑の方は相変わらず世間の動向関係なく育っております‼️

今回のテーマは肥料まきでーす😁

このようなランドセルみたいなものに配合肥料を入れて歩きながら肥料まきします。

配合肥料とは菜種油粕、魚や肉など有機物と少し化成肥料を混ぜたバランスのいい肥料のことで、40キロほど入れて担いで畑まで歩きます🚶‍♀️

スマホでも見て歩けば、現代版二宮金次郎ですね😁

緑の筒から肥料が飛び出します!

出る量を調節しながら畝間を歩きます〜ただひたすらに!

まいた後は土と肥料を混ぜ合わせるために、このマシーンで耕します!

まぜまぜした後はこんな感じ!

太陽が山に沈んでいく〜!!

イェーイ👍

ありがとうございました😭

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

喜多章浩
喜多章浩
京都おぶぶ茶苑代表・あっきーこと喜多 章浩(きたあきひろ)。
大学時代に出会った、一杯のお茶に感動し、大学を中退、茶農家を目指す。十年後、独立。今度は自分の人生をも変えた感動を多くの人に知ってもらうため、おぶぶを立ち上げる。理想のお茶を作るため、きょうも茶畑に立ち、茶作りに励む。茶農家。日本茶インストラクター第1期最年少。1975 年生。茶審査技術五段、エコファーマー。
Return Top