おぶぶについて

【今週の農作業】改植2020

【今週の農作業】改植2020

毎年冬の時期に行う改植

古くなった茶園の樹を

新しい幼木に植え替えします。

こちら樹齢40年ぐらいのお茶の根っこです。

樹勢が落ちてくると美味しいお茶がとれなくなり

植え替えが必要になってきます。

樹によっては50年60年ぐらい美味しいお茶が収穫できるものもあります。

こちらの茶畑、かなりの傾斜ではありますが

元々の土が粘土質であまり良くなく水はけが悪い状態でした。

今回、畑を全部掘り返し水を流れ易くするために

笹や竹を敷くことにしました。

ショベルカーで2メートル近く掘りだし溝を作り

丁寧に並べています。

こちらには約1000本ほど苗を植える予定にしています。

今回はさえあかりという品種。

やぶきた、さえみどりからの特徴を引き継いだ品種になります。

緑が濃く鮮やかなのと病気に強い品種です。

そしてこちら下の画像は昨年3月に別の畑で改植した様子です。

この年は3000本 総勢12人で一日がかりで頑張りました。

ちょうど10ヶ月経って根も定着してきました。

収穫まではあと2.3年かかりますが、新しく蘇った茶園で美味しいお茶が出来たらいいなと思います。

初めての収穫までワクワクしますね!!

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

竹内加代
竹内加代
和束の茶畑の風景に惹かれ、2000年家族で和束に移住。子育ても一段落した2007年おもてなしチーフとして、おぶぶスタッフとなる。現在、千名近い茶畑オーナーさまのおもてなしをはじめ、国内やアジア地域の卸販売も担当。おぶぶの癒し系?笑
Return Top