おぶぶについて

改植の準備してますねん!

どもー!

みなさーん

元気にしてますかー?

今回は改植の準備の模様をお届けしまーす^_^

こちらが今回の改植畑!!

改植ってなんですかー?

そーなんです!?

上の写真の畑はやぶきたという品種が植わってるんですが‥

樹齢の方が40年近いのでだいぶ弱ってきましたね〜所々枯れてきてもいるので。

毎年かぶせ煎茶をつくってる畑やったので、ネットによるストレスもあったんですかね‥茶園がボロボロです。

そんなこともあり、今年の初めは改植仕事でスタート!!

まずは今ある茶園を草刈り機で伐採しまーす!

こんな感じ!!!

そしてこの後、暗渠排水設備を施します!

暗渠とは土の中に隠れている排水システムのことで〜水が土中でたまらないようにします!

お茶は水がありすぎてもよくないんです‥

それはまた、次回は暗渠排水をお送りします!!

ではまた〜!!!

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

喜多章浩
喜多章浩
京都おぶぶ茶苑代表・あっきーこと喜多 章浩(きたあきひろ)。
大学時代に出会った、一杯のお茶に感動し、大学を中退、茶農家を目指す。十年後、独立。今度は自分の人生をも変えた感動を多くの人に知ってもらうため、おぶぶを立ち上げる。理想のお茶を作るため、きょうも茶畑に立ち、茶作りに励む。茶農家。日本茶インストラクター第1期最年少。1975 年生。茶審査技術五段、エコファーマー。
Return Top