おぶぶについて

お茶の苗を育てます【京都 宇治茶 和束町】

お茶の苗の挿し木をするために、朝から挿し穂の確保に茶畑にみんなでいっています。

生育の良い枝を選んでいるところです。

奈良女子大の皆さんが、授業の一環でベトナムに行き、和束町のアピールをしてもらえるそうなのですが、その調査や体験のために、おぶぶ茶苑にも来てくれましたっ

今回は「うじひかり」という品種を挿し木します。コツコツと強そうな挿し穂を確保しています。

そして挿し穂を2葉2節にカットして、挿し木にしているところです。

苗床も一緒に作ってくれています。2500本ほどを挿し木しました。

お日様の通る向きを考えながら、挿し木しています。

水もたっぷりとやり、保温と防水シートを掛けていきます。これで水分が循環していい感じに根付いてくれるはずっ!

トンネルを2重に作って完成です。

約2年ほど苗を育てて、2010年春に茶畑に定植する予定です。そして立派な茶畑になるのは、さらに5年ほどかかります。いろいろ気の長いお話デスネ!

そんな苗がいいかんじに育ってほしいにおもいをはせながら、このお茶をどうぞ

このごこうという品種もクリーミィな抹茶になっています。はコチラ

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

hiro
hiro
まつりごと。冷凍煎茶工場守
スーパーサブを担当しています。


一瞬一瞬を楽しみ、
シアワセと感動を皆さまと分かち合えたらいいなと思っています。和束でお会い出来たら嬉しいです。

焚き火大好き。
プチサバイバー目指してます!

京都おぶぶ茶苑の創業者の一人。日本茶インストラクター第一期(01-0241)
Return Top