2017年

コペンハーゲン(デンマーク)【日本茶普及欧州ツアー2017】

コペンハーゲン(デンマーク)【日本茶普及欧州ツアー2017】

コペンハーゲンでは、「Sing Teahus」にて、日本茶のセミナーを開催させていただきました。

コペンハーゲンでのイベントは今回が初めてで、会場となった「Sing Teahus」のオーナーであり、茶畑オーナーでもあるメッテさんが昨年5月におぶぶを訪れてくれたことがきっかけでした。

オーナーのメッテさんは、このお店を始めるまでは写真家だったとのこと。

ある日、たまたま飲んだお茶がとてもおいしくて、実はそれがはじめて飲んだ日本茶だったとのことでした。

それから日本茶が大好きになって、ついにお店を開くことになったそうです。
2006年のことだそうです。

ですので、お店の中には日本の装飾がいっぱい。

メッテさんはやかんがお気に入りとのことで、いたるところにやかんが飾ってあります。

このあたりが斬新でいいですよね。(日本人では思いつかないと思う。)
確かにやかんは金色でキレイですもんね。

そしてうれしいことに
このお店で、これからおぶぶのインターン卒業生が働くことが決まっています!

また一人、おぶぶのインターン生がお茶の世界に進むことができました。

そしてこの日のイベントには、メッテさんのお店のお客様をはじめ30人を超えるお客さまが集まってくれました。
皆さん本当にお茶(特に日本茶)がお好きなようで、ものすごく真剣に一つ一つのお話を聞いてくださいました。

またお店には、畳もあったので、今回の抹茶のデモンストレーションは、畳の上でおこなうことができました。

集まってくださった皆さま、そしてメッテさん、Sing TeaHusのスタッフの皆さま、本当にありがとうございます。

>目次にもどる
目次|日本茶普及欧州ツアー2017

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

松本 靖治
松本 靖治
シングルオリジンの荒茶(あらちゃ)の魅力、そして喜多をはじめ茶産地・和束に生き、茶に命をかける人々の情熱に感激し、おぶぶの立ち上げより参画。

まだ世界に知られていない、日本茶の魅力を世界に伝えるべく、文字どおり世界じゅうを駆けめぐる多忙な日々を送る。

おぶぶの伝道師。日本茶インストラクター第7期。1974年、奈良出身。
Return Top