セミナー講演

【講義】オハイオ州立大学にて、茶レクチャー開催。

この日は、オハイオ州立大学にて、日本茶とおぶぶの取り組みについて、講義形式でレクチャーさせていただきました。


あっきーがお茶を淹れ、松本が話す。

この日集まってくださったのは、オハイオ州立大学のJSO(オハイオ日本文化会)と日本語おしゃべり会の皆さん。

どちらも日本語や日本文化に興味のある人たちで、実際に日本に行ったことのある人もたくさんいらっしゃいました。(日本語がかなり話せる人もいました。)


コミュニティで農業を楽しむ「茶畑オーナー制度」に興味津々

この日は、おぶぶのお茶を飲んでもらいながら、CSA(Community Supported Agriculture:コミュニティがサポートする農業)としておぶぶが取り組んでいる「茶畑オーナー制度」のことを中心にお話させていただきました。


6種類のお茶を楽しんでもらいました。写真は抹茶。

この日、特に人気が高かったのが、かぶせ茶。淹れ方で、その味わいが大きく変わるかぶせ茶の醍醐味、そして、出がらしの茶葉まで食べられるという、かぶせ茶の奥深さに皆さん驚いてました。


今度はほうじ茶。奥は日本語が上手な黒人のピーちゃん。

きょうのレクチャーを聞いてくださったみんなが、お茶にもっと興味を持ってくれて、いつの日か京都・和束の茶畑まで来てくださったら、面白いのにな~なんて思いながら、たくさんお話させていただきました。


レクチャーの後、JSOのメンバーと食事に。

本日のお茶レクチャーをアレンジしてくださった、内田さん、そしてJSOのメンバーの皆さん、本当にありがとうございました!!

今度は茶畑でお会いしましょうね!

Return Top