おぶぶについて

【今週の農作業】お茶の苗植え

今日は快晴の中

スタッフ、インターンのみんなでお茶の幼木を植えました。

さえあかりという品種になります。

おぶぶでは初めて植える品種になります。

こちらは玉露になる予定をしているので、これからさらに覆い用の棚を設置します。

長期の予定で作っていきますが、新しい品種にチャレンジすることも

お茶作りの楽しみの一つです。

今回の苗は、根もしっかり張り、ものすごく元気な苗です。

こちらまでパワーをもらえそうです。

代表あっきーもこの通り!喜んでます!!

喜多から植え方を説明していきます。

目標の目印の位置から両側に交互に千鳥に植えていきます。

この植え方がとても大事で、こらからの茶樹の広がりにも影響します。

横に綺麗に並んでいるでしょうか。

個々の性格も出ますね〜〜笑

さて今回は1400本目指して頑張ります。

そしてこのお茶が飲めるまでには5年先になりますが

どんなお茶の味になるか心待ちにしたいと思います。

そして一緒に植えてくれたインターンのみんなは3ヶ月で帰ってしまいますが

一緒に植えた思い出は、この和束の地に何十年と残っていくことと思います。

またいつか成長した茶園を見に帰って来てほしい、そして収穫したお茶を味わってもらいたいなと思います。

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

竹内加代
竹内加代
和束の茶畑の風景に惹かれ、2000年家族で和束に移住。子育ても一段落した2007年おもてなしチーフとして、おぶぶスタッフとなる。現在、千名近い茶畑オーナーさまのおもてなしをはじめ、国内やアジア地域の卸販売も担当。おぶぶの癒し系?笑
Return Top