おぶぶのお茶とは

今年もあまい桜茶をご用意しました!

今年も、おぶぶが春に向けて、あまい桜茶を準備しています!

日本では、塩と梅酢で漬け込んだ桜茶が一般的で一番よく飲まれていますが、数年前から、おぶぶがこの伝統的なレシピの甘いバージョンを考えて毎年作っています。

あまい桜茶はおぶぶ 以外は販売しているところが全くないので最も珍しい商品で、日本だけではなく、海外でも大人気です!

古式製法によって作られた塩味の桜茶を脱塩して、2日間水に浸けた後に、茎をもぎり、乾燥させた桜のつぼみに砂糖をまぶすという簡単そうな作り方ですが、実はかなり細かくてたくさんの注意の必要な過程なのです!

おかげさまで、今年も素晴らしいインターン生がいてくれたので、無事に美味しくてきれいな桜茶をたくさん作れました!

年末から来ているブルガリア人のニックと、2月の中旬から来ているアメリカ人のアレックスとドイツ人のニコール、3人でここ最近とても頑張って手伝ってくれたので、なんと既に50キロが出来上がりましたよ!

あまい桜茶の使い方については、
つぼみをそのままお湯に入れ、桜茶として甘くてほのかな香りや
ゆっくりと開く花びらの美しさに見とれるという楽しみ方が一般的ですが、
桜氷にしたり、カクテルやソーダのシロップかトッピングに使ったりするのもとてもおしゃれで面白いと思います!

https://www.instagram.com/p/BuEH7vMF7jQ/
https://www.instagram.com/p/BuEH7vMF7jQ/
https://www.instagram.com/p/BwAwtS7F4gS/

他のアイデアがありましたら、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!
あまい桜茶を購入したい方、おぶぶ のネットショップをぜひご覧ください!

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

Marie
このおぶぶメンバーの他の記事-Latest entries
Return Top