茶畑からの社会貢献

【茶畑からの社会貢献】合計年齢1600超!「英語で喋らTeaTime!」 ふれあいサロン in 和束園ひまわり会

この日は、お茶を飲みながらの英会話、題して「英語で喋らTea Time!」を80歳を超える和束町園区の皆さん20名と楽しんで参りました!

今回、お呼び頂いたのは、和束町園区ひまわり会が毎月一回、80歳以上の高齢の方向けに行っている「ふれあいサロン」。

ふれあいサロンとは、和束町社会福祉協議会が毎月一回、各地区のボランティアさんと一緒に企画する集まりで、一人暮らしや昼間一人で過しておられる高齢の方などが集い楽しく過ごす会。各地区のサロンではレクリエーションゲームや保健師による健康チェック、歌、手芸などを楽しんで無理なく自由に活動しておられます。(和束町社会福祉協議会ホームページより

ちなみに和束町には、13の地区があります。
数年前には、和束町全地区のふれあいサロンにてお茶会をさせていただきました。

しかしながら最近は忙しくなっちゃってさすがに全ての地区を回ることができなくなってしまいましたが、今でもおぶぶの事務所がある園区のふれあいサロンには行かせてもらっています。(と言っても毎年1回だけですが。。。)

今回集まってくださったのは、80歳を超える20名の地元の皆さん。
つまり合計年齢は1600歳超!

それに対し、おぶぶのインターン生を今回は4人と一緒に5名だったのですが、合計年齢は、160歳以下。。。
貫禄が違います。。。汗

毎年、お茶を飲みながら、おぶぶのインターン生と2時間ほどコミュニケーションする感じで過ごしているのですが、
今回はちょっと趣向を変えみました!

その名も「英語で喋らTeaTime!」

お茶を飲みながらの英会話レッスンを突撃でさせていただきました!

今回は「ハ~ワーユー?」から始まるよく使う英語の質問フレーズを11個用意し、トライしていただきました!
ちなみに最後の質問は、「Do you have Dream?」

そしてこの日お出ししたお茶は、琥珀のほうじ茶、玄米茶、玉露「天の雫」、和紅茶の4種類。
玉露と和紅茶は特においしい!とお褒めいただきました。(ウレシイ!)

今年はじめての試みだったのでどれだけうまくいくのか?心配しておりましたが、みんなで英語のフレーズをリピートしたりとかなり盛り上がりました。
また最後には、和束中学校3年生も数名加わり、更に盛り上がっちゃいました。

インターン生も心の底から楽しんでくれたようで、僕も嬉しかったです。
さらに翌日、主催者のお一人からも「参加者の皆さんもほんとに元気をもらった!と喜んでくれていましたよ~」とのお電話をいただきました。

なかなかに地元である和束に恩返しできるチャンスを創れていないので、こういう形で喜んでいただけると本当に嬉しい限りです。

このような機会を作ってくださった、園区ひまわり会の皆さま、そしてお集まりくださった皆さま、本当にありがとうございました。
またお会いできる機会を楽しみにしておりますね!

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

松本 靖治
松本 靖治
シングルオリジンの荒茶(あらちゃ)の魅力、そして喜多をはじめ茶産地・和束に生き、茶に命をかける人々の情熱に感激し、おぶぶの立ち上げより参画。

まだ世界に知られていない、日本茶の魅力を世界に伝えるべく、文字どおり世界じゅうを駆けめぐる多忙な日々を送る。

おぶぶの伝道師。日本茶インストラクター第7期。1974年、奈良出身。
Return Top