おぶぶについて

クレモンが旅立ちました【京都 宇治茶 和束町】

(null)
早いもので、Célment Nissenさんがおぶぶインターン生65人目として来てくれて、3ヶ月が過ぎ旅立ちました。

(null)ちょうどお花見シーズンだったので、farewell partyは外でしております。

(null)クレモンが来てくれたのは、1/26でまだまだ寒かったです。

(null)昨年秋から進んでいる冷凍煎茶工場プロジェクトのサポートをたくさんしてくれました。

(null)おぶぶインターン生は女子比率が高いので、なにかとpowerful workを進んでサポートしてくれました。

(null)茶畑でも大活躍!

(null)春にお届けしましたオーナー様便りの京番茶の収穫もしてくれましたっ

(null)雨上がりの日に山でアッキーがお仕事頑張り過ぎて、軽トラが天空茶園の急坂を登れなくなってしまった時、一緒にrescueしてくれたり、車のバッテリーが上がっておぶ松さんの救援を待っている時も、笑顔で対応してくれました。

(null)3人で茶畑に行く時は、雪の日でも雨の日でも喜んで後ろに乗ってくれて、逆に譲ってくれなかったり

(null)時には肥料の気持ちになるため?か、畝間に寝そべってみたり

(null)おちょけてみたり

(null)イベントのサポートをしてくれたり

(null)世界中からの視察や取材の対応サポートをしてくれたり、(⬆︎は、八女茶の皆さんです)

(null)冷凍煎茶工場の機械搬入のサポートをしてくれたり

(null)試運転の立会いを一緒に見守ってくれたり、本当にたくさんサポートしてくれました。

(null)原山の茶畑や、

(null)たいこ山(安積親王陵墓)

(null)天空カフェなど、たくさん和束町の観光スポットも一緒に巡ってくれました。

(null)和束町手揉み保存会の手揉みを見学させてもらったり

(null)茶畑や

(null)冷凍煎茶工場の前で、outside tea partyをしたりと、お茶漬けの日々でしたね〜

(null)Obubu houseでの、共同生活も和やかに楽しそうにしてくれてました。

(null)本当にいつも笑顔で元気いっぱいで、彼はむっちゃ「抹茶キットカット」が好きで、自転車で夜に1人で約3kmほどのところまで、買いに走ってたりしました。

(null)クレモンの実家はBelgiëのWaterlooという街です。🇪🇺EUの首都Bruxellesから、車で20分〜30分くらいの距離にあるそうです。

彼の夢は、国際的な支援組織に入りアフリカのマリなどのフランス語圏で、開発に携わりたいそうです。

夢が叶うことを祈りつつ、Belgiëやアフリカで日本のこと、日本茶のこと、和束町のことを伝えてくれたら嬉しいです。

そして3ヶ月という短い日々でしたが、おぶぶでインターンをし経験、体験したことを、彼の人生に役に立ててもらえたら、スタッフ一同無上の喜びです。

そして
彼に贈った四文字熟語は、
「人生行路」

Life is journey.
Journey is life.


という訳を添えて

本当に素敵な笑顔をありがとうございます。

See you again!

そんなクレモンの人生行路におもいをはせながら、このお茶をどうぞ

(null)クレモンも大好きでした。BelgiëやAfricaでも飲みたいって言ってくれました。 はコチラ

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

hiro
hiro
おぶぶの
まつりごと
冷凍煎茶工場守
スーパーサブを担当しています。

日本茶インストラクター
(認定番号01-0241)

一瞬一瞬を楽しみ、
シアワセと感動を皆さまと分かち合えたらいいなと思っています。和束でお会い出来たら嬉しいです。

焚き火大好き。
プチサバイバー目指してます!
Return Top