お茶と健康

【お茶と健康】緑茶の胃がん抑制効果

国立がん研究センターが、「日本人の緑茶と胃がんリスク」についての研究成果を発表しました。

これは、国立がん研究センターの「生活習慣改善によるがん予防法の開発と評価」についての研究班が、約20万人のデータを分析した結果、女性では緑茶をよく飲むグループで胃がんリスク低下が示されたと評価したものです。

国内の疫学研究において、緑茶の胃がん抑制効果が示されたのは、うれしいニュースですよね。

さあ、お茶でも飲みましょうか?

▼国立がん研究センター「緑茶と胃がんリスク」
「女性では、緑茶をよく飲むグループで胃がんリスク低下」国立がん研究センター調べ

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

松本 靖治
松本 靖治
シングルオリジンの荒茶(あらちゃ)の魅力、そして喜多をはじめ茶産地・和束に生き、茶に命をかける人々の情熱に感激し、おぶぶの立ち上げより参画。

まだ世界に知られていない、日本茶の魅力を世界に伝えるべく、文字どおり世界じゅうを駆けめぐる多忙な日々を送る。

おぶぶの伝道師。日本茶インストラクター第7期。1974年、奈良出身。
Return Top