おぶぶについて

32歳主婦の日本人インターンのお話。インターン卒業、そして最終章。

こんにちは、インターンNo.140のSatomiです。

今日が私が担当するブログの最終回です(たった3回ですが笑)

未来の日本人インターンの方の参考になったらとてもうれしいです☺

今回は、秋の期間のスーパー超絶素晴らしいインターン生を紹介させてください!

Justin(US)

自然、虫、動物、古いもの、小さいもの、子供ちゃんが大好きな優しいジャスティン。

英語版おぶぶのインスタブラムから、虫木曜日、動物土曜日の投稿も是非ご覧ください!

おぶぶハウスで皆でご飯を食べる時には、ジャスティンがいてくれるとパッと場が華やぎ、

皆に癒しと明るさと、面白さを与えてくれるキーパーソンです!

そして彼の淹れるお茶は失敗がなくおいしくて、感性が鋭く繊細な感じがお茶にも表現されています。

いつかアメリカでティーショップを始めた時に、それを味わえるお客様は本当に幸せ者ですね!☺

Alex(US/Germany)

こんなにスタイリッシュな彼ですが、インターン仲間からは【おばあちゃん】と呼ばれています。

なぜかというと、毎日野菜をたっぷり使った日本食を作り私たちを楽しませてくれるからです☺

日本人よりも日本人の舌を持つ彼の料理を是非食べてもらいたいです!!!

多くのスキル(ジャズピアニスト、シンガー、ウェブ開発者、多言語を話せる)を持ち合わせつつも、

彼が醸し出す優しい雰囲気で、おぶぶ以外の様々な日本人と仲良くなっている場面を何度も見ました!

Hannah(Denmark)

ハナのお母さんはコペンハーゲンでティーショップを経営していて、沢山のお茶を飲んで育ちました。

そしておぶぶでインターンをする前に、お母さんとおぶぶのティーツアーに参加をしていたそうです❤

生粋のお茶娘!!!

可愛らしくあどけない笑顔のハナですが、しっかりと芯が通っていて自分の意見があり、

老若男女関係なく誰に対しても最善を尽くそうとする姿を何度も見ました。強くて優しい女性です。

人を引き付ける魅力のあるハナが働くコペンハーゲンのティーショップに是非行ってみてください!

Patrick(US)

パトリックさんは、私が見る時はいつも様々な水でお茶を入れて実験をしていました。

その実験結果は、英語版のおぶぶ茶苑のブログからも見ていただけますので、是非ご覧ください!!

そして彼の淹れる繊細な味のお茶が好きでしたが、私がお茶を淹れる時に「これでいいの?」と聞くと

やってみたらいいよ!自分次第だよ!と返してくれる懐の深さもさすがだと思っていました。

そして、おぶぶハウスの清潔さは彼によって保たれていたといっても過言ではありません!

ありがとう☺

Katrina(Latvia)

エネルギー溢れるかっこよくて、大きな声でよく笑う、太陽のような存在のカトリーナ。

出身はラトビアですが、エジプトの砂漠に現れたり、おぶぶの後はベトナムに行く予定だったり、

世界をめぐるお茶の旅を続ける彼女からは本当に目が離せません🥰

そして、おぶぶではお茶の品種の研究に明け暮れていて朝から夜までお茶の勉強に励んでいました。

一度カトリーナに出会った人は、また必ず会いたいと思わされる程、底知れぬ魅力の持ち主です❤

Satomi(Japan)

5人の他のインターン生に包み込んでもらい、すくすくと育ったSatomiです!

おぶぶのスタッフの方と、インターンの皆にお茶の奥深さを教えてもらい、

今後もお茶にかかわる仕事をしていきたいと意気込んでいます!(^^)!

日本茶の国際インターンシップ、興味が湧きましたか?

おぶぶでは日本茶や日本の事を世界に発信したい!という日本人インターン生を募集しています。

現段階でお茶の知識があまりなくても大丈夫(私もそうでした。笑)

チャレンジしたいと思っているあなた、是非一歩踏み出してみてください☺

きっと素敵な出会いがあるでしょう、、、、。

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

intern
intern
We are Obubu interns from over the world!
Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。