おぶぶについて

ども〜!!!

明けまして

おめでとうございます🎉

みなさーん!

お元気ですか〜????

最近お寒うございますが、体調崩されてませんかー?

今年は4日ごろからボチボチ仕事初めてまして、最近はインターン生のけんじくん↓

と共に中刈りという作業をしてまーす!

というのも去年から借りてる畑の一部に、3年ほどほったらかしの大っきい茶園がありましてー💦

その茶園を低く落として今年の2番茶から収穫出来るように中刈りという作業をしてます!

普通は1番茶後にして、その次の年に収穫できるようにする技なんですけどね😅

1番茶後にするには作業に時間がかかるので、たまに冬にやったりします!

使うのはまず草刈り機!!!

このマシーンで長く伸びた枝をカットして、さらにカットされた枝を畝間に入れ込んでます‼️(次の作業をやりやすくするために!)

そして、次は中刈りです!

中刈りにはこのマシーンを使います↓

さらに茶園を低くして、作業できる高さに調節しまーす!!!

大きく重たい機械をけんじくんと2人で持ちながら、バリバリと枝を刈りほかしていきまーす‼️

形を整えて収穫に備えまーす^_^

イェーイ✌️

番外編!

中刈り機はけっこうハードに使うので、途中でハンドルが折れちゃいました💦

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

喜多章浩
喜多章浩
京都おぶぶ茶苑代表・あっきーこと喜多 章浩(きたあきひろ)。
大学時代に出会った、一杯のお茶に感動し、大学を中退、茶農家を目指す。十年後、独立。今度は自分の人生をも変えた感動を多くの人に知ってもらうため、おぶぶを立ち上げる。理想のお茶を作るため、きょうも茶畑に立ち、茶作りに励む。茶農家。日本茶インストラクター第1期最年少。1975 年生。茶審査技術五段、エコファーマー。
Return Top