おぶぶについて

和束町とその近辺のサイクルガイド by Julien #157

こんにちは!

和束のサイクリングガイドを見つけてくれてありがとうございます!

今回は、かなりのサイクリング好きな方から、ゆったりとサイクリングを楽しみたい方に向けて、和束町とその周辺のサイクリングルートをご紹介します🚲!

和束茶畑の探検:
和束の散策は約20キロ(12マイル)、標高差430メートルです。このルートは休憩を含めて3~4時間かかります。茶畑を間近に眺めながら、あたりをサイクリングすることができます。

地図には、さまざまな寺社、レストラン、観光ビューポイント、おぶぶ茶苑の位置が記されています。

初心者の場合、坂道が多い和束を満喫するには、和束カフェや観光案内所で電動アシスト自転車を借りるのがおすすめです!

自転車を持参する場合は、和束の主要道路である国道5号線を走るのをお勧めします。この道路は和束の主要道路で、勾配は5%以下と走りやすくなっています。駅に戻る場合、西側の坂道は比較的楽なコースとなっています。
アマチュアの方にお勧めしたいのは、このルートを逆走すし急勾配に挑戦するのも楽しいと思います!

西和束には木津川から始まる魅力的なヒルクライムがあったりもします。

さらに、円形茶畑が有名な原山までサイクリングするのもお勧めです。勾配は9%から13.5%で、900メートルの坂を90メートル登る必要がありますが、それを乗り越えた先には、和束の息を呑むような絶景があなたを迎えてくれます✨!

画像をクリックでマップが見れます

注意点:
和束を含む日本でサイクリングをするには、安全を最優先することが重要です。その土地の交通規則を必ず守ることが特に肝心です。ほとんどの道路はサイクリングが可能ですが、高速道路をサイクリングすることは禁止であり、国道では注意が必要です。国道は交通量が多い上に、歩行者はサイクリストと道路を共有することがほとんどです。狭い道では、道路の左側を走り、特にカーブや交差点では用心することをお勧めします。側道は通常一方通行に作られていますので、道路のミラーを利用して接近してくる車両を確認することを忘れないようにしてください。

自転車をお持ちでない方は、和束観光センターでレンタルするか、和束カフェと観光案内所で電動アシスト自転車を借りることができます!どちらの場所もこの地図に記されていますので確認してみてください☺️

季節:
和束でのサイクリングベストシーズンは春(3月上旬~5月)と秋(9月末~11月)です。

春はタイミングが合えば桜の開花を数週間楽しむことができ、秋は色とりどりの紅葉を楽しむことができます。涼しい気候と美しい紅葉のおかげで、長距離サイクリングするのは最高ですよ。

一方、日本の夏は蒸し暑い。例えば、今年の8月の気温は30~35℃、暑さ指数は40℃を超えていました。それでもサイクリングは可能ですが、午前11時から午後2時までのサイクリングは避けることをお勧めです。このあたりの地域は冬は寒く、雪が降ることもあります。

茶畑について:
茶畑は私有地です。地元農家さんの茶畑に敬意を払ってください。

茶畑は私有地であるため、許可なく立ち入らないでください。

農家の承諾なしに茶畑に入ったり、触れることはやめましょう。

プライバシーを尊重し、茶農家の許可なく近くで写真を撮ってはいけません。


コンビニやスーパーの場所:
和束町にはローソンが1軒、小さなスーパーが2軒あります。

ローソンでは、プロテインバー、手頃な2リットルのペットボトルの水、ジュースなど、多様なアウトドアグッズがあり、どれも簡単に手に入ります。

一方、2つのスーパーマーケットは、惣菜を提供するというよりは、家庭料理のニーズに応えるのがメインになっていますが、それでも必要な場合には選択肢の1つにしてみてください。

休憩のための飲食店:
和束にはカフェやレストランがいくつかあります。

dan dan カフェや和束茶カフェでは、おいしい食事や飲み物を楽しめますし、また地元のレストランもお勧めです。これらのレストランで食事を場合は、インターネットで調べるか、電話で予約することをお勧めします。毎日営業しているわけではなく、午後には閉まってしまうところが多いです。

甘いものが好きなら、町に2軒の和菓子屋がりますのでぜひ立ち寄ってみてください!味は私のお墨付きです!


🌱 和束周辺で本格的なチャレンジをしたい人向け

1、鷲峯山山道のサイクリング
和束ローソンを発着点とする24キロの周回コースで、標高差は700メートル近くある。最も険しいのは序盤。山頂には金胎寺という寺ががある。熱心なサイクリストには見応えのあるコースだ。

画像をクリックでマップが見れます

2、道仙坊へ向かう
このルートは個人的に私のお気に入りで、5号線と163号線の交差点からスタートする30キロの周回コースで、標高差は750メートル以上。茶畑や加茂の町、和束の町の素晴らしい景色を眺めながらのサイクリングロードはとっても最高です。山頂に着くと、道仙坊と呼ばれる高原の村に到着し、下りは美しい森の中を川に沿って降って行くコースです。

画像をクリックでマップが見れます

3、和束の西部丘陵を探検する
このルートでは、和束の西の丘を散策することができる。上り坂では和束の美しい景色を眺めることができ、春にサイクリングすれば、町を見下ろす桜並木を楽しむことができるはずです。どんどん進むと道はやがて山城森林公園に入ります。

画像をクリックでマップが見れます

🌱和束から長距離ルートをお探しの方へ

1、大阪から和束へ:
比較的簡単で平坦な70キロのコースは、大阪から和束までのサイクリングに最適です。ほとんどの道は歩行者またはサイクリスト用に整備されてますので、交通量も少なく、道を占領することは少ないです。関西を探索する素晴らしい機会になるでしょう!

画像をクリックでマップが見れます

2、和束から信楽を経由して琵琶湖へ:
和束の美しい自然と信楽の歴史的な町並みを通り、琵琶湖へ。和束の魅力を満喫した後、数百年の歴史を持つ陶器の産地として有名な信楽を散策して見るのも楽しいと思います。

画像をクリックでマップが見れます

3、信楽または和束ループの代替ルート: 和束と信楽の両方を楽しむことができ、信楽を囲む道を探索できます。

画像をクリックでマップが見れます

4、和束から伊勢(または名古屋)へ:
伊賀を通り、和束と名古屋湾を隔てる2つの山脈を越える、チャレンジングなコース。津市の第二の山から下った後は、神社仏閣で知られる重要な都市である伊勢に向かうか、日本の主要都市の一つである名古屋に向かって北上するのもいいと思います。

画像をクリックでマップが見れます

このガイドが和束町や関西周辺のサイクリングに役立つことを願っています!

楽しんで🚴!!

英語版のブログはこちらから!

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。