受賞御礼

【受賞御礼】世界緑茶協会O-CHAパイオニア賞授賞式

【受賞御礼】世界緑茶協会O-CHAパイオニア賞授賞式

世界緑茶協会主催のO-CHAパイオニア賞 授賞式に参列させていただきました。

O-CHAパイオニア賞は、日本最大のお茶の祭である「世界お茶まつり」の発足とともに始まり、今回で17回目を迎えます。
過去には、ヘルシア緑茶を開発した花王株式会社さまも受賞しておられます。

▼世界緑茶協会主催
O-CHAパイオニア賞について

今回、日本茶業界の人なら知らない人はいない日本茶の専門誌で、創刊より70年以上の歴史を持つ月刊「茶」の中小路編集長やカテキンの中でもEGC※1の研究をされている物部博士や「茶薬同源」をテーマに薬としてのお茶を研究されている岩間 眞知子さんとともに受賞させていただきました。

プレゼンテーターは、川勝平太静岡県知事。

並み居る受賞者の方々の中でおぶぶは、「独創的な方法での日本茶普及への貢献」ということで、CHAllenge賞をいただきました。

2006年より地道に続けている「日本茶を世界へ」伝える活動をここでも認めていただき、本当にうれしい限りです。
これからも精進してまいりますので、何卒宜しくお願いいたします!

今回の授賞に際し、ご推薦くださいましたFAO-IGG(国連食糧農業機関茶に関する政府間グループ)元事務局長のカイソン・チャン様はじめ、多くの皆さま本当にありがとうございました。

※1 EGCとは、エピガロカテキンの略で、茶カテキンの主成分4種類のひとつ。4種類の茶カテキンのうち、もっとも抗酸化作用の強いEGCG(エピガロカテキンガレート)の研究は進んでいるが、EGCなどのその他のカテキンについてはまだまだ未知の部分も多い。

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

松本 靖治
松本 靖治
日本茶の原型である荒茶(あらちゃ)の魅力、そして喜多をはじめ茶産地・和束に生き、茶に命をかける人々の情熱に感激し、おぶぶの立ち上げより参画。

まだ世界に知られていない、日本茶の魅力を世界に伝えるべく、文字どおり世界じゅうを駆けめぐる多忙な日々を送る。

おぶぶの伝道師。日本茶インストラクター第7期。1974年、奈良出身。
Return Top