おぶぶインターン生

いろいろなプロジェクトが進んでいます【京都 宇治茶 和束町】インターン生編

前にもお伝えしましたが、週に一度、インターン生とおぶぶスタッフでミーティングをしています。

毎週なにをしているのー?って思いました?

スケジュールの振り返りや、今後の確認などをしていたりするのですが、メインはインターン生のパーソナルプロジェクトの報告や相談などをしていたりします。

例えば、アレクの場合は

大学院で土壌と虫の研究をしているので、茶畑で土壌試験をやるための、説明のプレゼンテーションをしていたりします。

例えば、ジェシカの場合は、

将来まんが家さんかアニメーターになる夢があるので、おぶぶブログでお茶の漫画を発表してくれています。今週のストーリー絵コンテについてのプレゼンテーションをしてくれています。

ジェシカの作品はコチラ

英語版もありますっ!

例えばコニーの場合は、

今まで5年ほど国際インターン制度を続けているので、その国際インターン生のためのハンドブックや、ハウスルールなどのガイドブックの整理と統合についての提案を、整理統合の作業を進めつつ現状報告と今後の相談をしてくれていたりします。

例えばディビッドの場合は、

おぶぶのオリジナルTシャツを作るプロジェクトを進めてくれていて、デザインからプリントなどの製作まで、

みんなの意見を聞きながら、着々と進めてくれていたりします。

今まで82人あまりのインターン生がおぶぶ国際インターン制度に参加してくれましたが、滞在期間3か月という短期間にもかかわらず、なにかしら爪痕を残し、おぶぶに変化をもたらしてくれています。

みんな優秀だなぁ〜っ

凄い熱意があるなぁ〜っと

思いつつ

そんな人たちが魅力的に感じる

日本や日本茶って凄いなぁと

同時に思います。

そんな人たちが、日本や日本茶、京都や和束町のことをもっと、もっと好きになってくれたらいいなと思いながら、我々も日々過ごしています。

こんなインターン生やスタッフにとっても、刺激的なインターン制度に思いをはせながら、このお茶をどうぞ

インターン生や海外からのお客様にも大人気!の珍しいお茶抹茶の骨のお茶はコチラ

そんな国際インターン制度の日本人枠に興味を持っちゃったあなたはコチラ

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

hiro
hiro
まつりごと。冷凍煎茶工場守
スーパーサブを担当しています。


一瞬一瞬を楽しみ、
シアワセと感動を皆さまと分かち合えたらいいなと思っています。和束でお会い出来たら嬉しいです。

焚き火大好き。
プチサバイバー目指してます!

京都おぶぶ茶苑の創業者の一人。日本茶インストラクター第一期(01-0241)
Return Top