おぶぶについて

畑にごはん!

みなさん!

こんにちは^_^

ご無沙汰でございまーす!

今週は肥料やりをご紹介させていただきますm(_ _)m

茶畑でーす!

おぶぶの芳名板がある畑で、オーナーのみなさんに直接見られてるので、緊張しますね‥

まずは肥料をこのリュックみたいなものに入れます!!

名前は肥料を散布するマシーンなので、サンプ、サンパ、サンパー!! ばんざーい!

そのサンパーに30キロほど肥料を詰め込みまして、それを背負って茶園の畝間を歩きますねん!

サンパーには底に穴開いてまして、そこに筒がついていて、サラサラと肥料が出てきます!

筒先に付いたレバーを持って、畝間に狙いを定めて肥料を放出!!

うまく筒を揺らしながら均等に肥料が出るように調節します!!

ひーっ!ズシッと両肩にみなさんの期待を背負って!!!

使用前↓使用後↓ちゃんとしよーよ↓と、こんな風にお茶にごはんをあげてまーす^_^

ポイントは筒を振って土にまんべんなく落とすことと、歩くスピードで畑全体の量を調節すること!

の2本でーす。

以上現場からお伝えしましたm(_ _)m

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

喜多章浩
喜多章浩
京都おぶぶ茶苑代表・あっきーこと喜多 章浩(きたあきひろ)。
大学時代に出会った、一杯のお茶に感動し、大学を中退、茶農家を目指す。十年後、独立。今度は自分の人生をも変えた感動を多くの人に知ってもらうため、おぶぶを立ち上げる。理想のお茶を作るため、きょうも茶畑に立ち、茶作りに励む。茶農家。日本茶インストラクター第1期最年少。1975 年生。茶審査技術五段、エコファーマー。
Return Top