2017年冬

プロローグ【海外日本茶普及ツアー2017冬】ヨーロッパ5カ国編

プロローグ【海外日本茶普及ツアー2017冬】ヨーロッパ5カ国編

2006年に始まった、おぶぶの海外日本茶普及ツアー。

これまで12年間のワールドティーツアーのようす

2017年は、3月と11月の2回行きましたので、今回で13回目を迎えます。

今回も前回同様、お茶の教育事業に取り組んでいる人たちとコラボレーションして、欧州における日本茶の普及を図ります。

今回は、イギリスのUKティーアカデミー、ドイツのベルリンティースクール、オランダのインターナショナル・ティー&コーヒーアカデミーなど、お茶の学校をめぐる予定です。

そして、2017年7月より和束にて開始した、ジャパニーズティーマスターコースとの連携を強めてゆきたいと考えております。

世界における(日本も含めですが)お茶の教育事業は、まだまだほとんど誰も取り組んでいない黎明期の状況です。

このようなまだ誰も取り組んでいない領域は、おぶぶが挑戦すべき分野です。

今後、コーヒー業界におけるバリスタのように、お茶業界でもティーソムリエのような新しい職業が生まれるやもしれません。
そういう人達を育てられる教育機関として、近い将来、おぶぶもその一翼を担えたら、こんなに嬉しいことはありません。

茶畑でお茶を生産するだけでなく、世界中にお茶を愛し、飲む人を生み出すようになっていけたらと思っております。

2017年冬、
今回は、どのような出会いが待っているのでしょうか?

目次【海外日本茶普及ツアー2017冬】ヨーロッパ5カ国編
目次【海外日本茶普及ツアー2017冬】ヨーロッパ5カ国編

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

松本
松本
和束(わづか)茶、そして喜多をはじめ茶産地・和束に生き、茶に命をかける人々の情熱に感激し、おぶぶの立ち上げより参画。

まだ知られていない、和束茶の魅力を世界に伝えるべく、文字どおり世界じゅうを駆けめぐる多忙な日々を送る。

おぶぶの伝道師。日本茶インストラクター第7期。1974年生。
Return Top