おぶぶのお茶を愉しめるお店

茶畑オーナー ここから屋さま

CA392024.JPG

東京・三軒茶屋にある健康的郷土和食・居酒屋「ここから屋」の店主久保田さんは、茶畑オーナーです。


ここから屋の久保田さんとは、2007年のここから屋オープン以来のお付き合いをさせていただいております。
2年前、僕たちが有楽町のむらからまちから館に出展しているとき、初めて、久保田さんから連絡をいただきました。
▼そのときの出店&久保田さん
有楽町のガード下で夢を語り合いました!
そして、’07年7月7日、ここから屋オープン!
オープン以来、第一回の小さなお茶会をはじめ、何度もイベントをさせていただいて、このたび茶畑オーナーになって下さりました。
▼小さなお茶会のようす
第一回 初めての。。。
第二回 充実の内容!
ここから屋さん、そして久保田さんのコンセプトは、日本のよいものを探し出してきて、それを多くの人に知っていただくこと。
僕たちも、久保田さんのその想いに共感し、今日まで一緒にやらせていただいています。
ここから屋さんでは、おぶぶのかぶせ茶、ほうじ茶を飲むことができます。
そして、ここから屋さんの緑茶割りは、おぶぶのかぶせ茶を贅沢に水出しにしたもの。
他では味わうことができません。
ここから屋さんの料理はどれもお世辞ぬきに美味しいですが、
なかでも、
▼スープしゃぶしゃぶ
豆乳を白みそ仕立てにしたスープでの豚しゃぶ。
▼焼きめし
うまみが濃ゆいチャーハン!
の2つはかなりおススメです!
おぶぶNEWSでもここから屋をご紹介

三軒茶屋の駅から、茶沢通りを15分ほど歩きますが、一度は行きたいお店です。(ご馳走券もあるよ!ページ下部)

法人・事業主の茶畑オーナー様のご紹介ページへ

茶畑オーナー?

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

松本 靖治
松本 靖治
シングルオリジンの荒茶(あらちゃ)の魅力、そして喜多をはじめ茶産地・和束に生き、茶に命をかける人々の情熱に感激し、おぶぶの立ち上げより参画。

まだ世界に知られていない、日本茶の魅力を世界に伝えるべく、文字どおり世界じゅうを駆けめぐる多忙な日々を送る。

おぶぶの伝道師。日本茶インストラクター第7期。1974年、奈良出身。
Return Top