日本茶を世界へ

【日本茶を世界へ】経産省ジャパンブランドに選定!

2004年から取組む「日本茶を世界へ」のプロジェクトの一環である、ニッポン主導の世界の茶園をむすぶ『国際茶園協会(ITFA)』の取組みが、経産省が推進するジャパンブランドに選ばれました。

ジャパンブランドとは、日本各地の歴史や文化に育まれてきた素晴らしい素材や伝統的な技術を活かして、現代の生活や世界の市場で通用するブランドを確立しようとする取組みを支援し、『新しい伝統の創造』を目指すもの。

過去には、今治タオルなどが選ばれました。

国際茶園協会(ITFA)は、「茶畑から一杯のティーカップまでを結び、世界の茶文化を推進する」ことをコンセプトに2011年より活動を開始しました。

現在、世界5カ国10茶園が賛同し参画しています。

▼詳しくはこちら
国際茶園協会(ITFA)設立にむけて

国際茶園協会(ITFA)には、茶園のみならず、バイヤー、消費者、お茶を愛するすべての人が参加可能です。

今回、世界の茶文化を茶園から推進し、日本茶の魅力を茶産地から発信する「国際茶園協会・ITFA(International Tea Farm Alliance)」を経産省のご協力を得られたことでこのプロジェクトを大きく推進できるようになりました。

今後のITFA(International Tea Farm Alliance)の活動としては、6/24~26に米国ラスベガスにて開催される、北米最大のお茶専門の展示会「World Tea Expo 2011」に出展します。

▼北米最大のお茶専門の展示会
World Tea Expo 2011

10年後、国際茶園協会(ITFA)は、世界の茶文化を茶畑から推進する国際的なネットワークになっていることでしょう。
今その大きな目標に向けて、ちいさな第一歩が踏み出されました。

ぜひあなたもこの活動に参加してみませんか?

▼パートナー、ボランティア募集
国際茶園協会(ITFA)設立にむけて

▼ジャパンブランドに選ばれたプロジェクトの一覧
平成23年度JAPANブランド育成支援事業採択一覧(PDF版)

Return Top