admin

ヨガ・リトリート@和束2012のご案内

ヨガリトリート

日本を代表する茶産地・京都和束の空と静寂のもと、ヨガリトリートを開催します。


静寂の中、自己を開放する。

インストラクターは、トーキングドラム・タブラの世界的奏者Ty Burhoe(タイ・バーホー氏)と、新進気鋭のヨギーニ典子先生。


滝行体験できる。

今回、典子先生のヨガ、メディテーションのワークショップやタイ先生の古代インドのリズム・ヒーリング・ワークショップはもちろんのこと、修験道の山伏にご指導いただき、滝行もおこないます。

また、早朝には、雄大な茶畑の散歩などもございますので、ヨガの要素だけでなく、かつてない静けさ、心の平安を感じていただけると思います。


戦災や水害をまぬがれ、この地に100年建つ古民家

今回のリトリートの会場は、茶産地・和束にある築100年を超える古民家。

戦災や水害をまぬがれ、都会から隔絶されたこの地に100年建つこの場所で、お二人の先生と共に泊り込み、静寂と調和の中で、さらなる自己の開放に迫ってみませんか?


noriko_ヨガリトリート
武井典子(Takei Noriko)氏プロフィール

【プロフィール】幼少よりクラシックバレエを習い、学生時代は水泳、フィギュアスケート、ジャズダンスに打ち込む。
ヨガとの出会いは2002年。ダンスのトレーニングの為、訪れていたロサンゼルスのスタジオで衝撃的な気づきを得、本当の癒しを体験した。
その後、様々なスタイルのヨガを学び、2006年sivananda yogaに出会って以降、アーサナの練習に加え、yoga哲学、マントラ等も学び、現在はパワーヨガ、ベーシックハタヨガ、シヴァナンダヨガを指導、アシュタンガとシヴァナンダの両スタイルを教えている。

【メッセージ】
私はヨガに出会って、それまで自分がいかに勝負にこだわり、自分自身を追い込み痛めつけて来たかに気が付きました。
楽しむこと休むことを悪だと思い、義務感でしか動いていませんでしたが、ヨガの練習を続けるうちに少しずつ身体も 心も柔らかくなり、本当に必要な強さとは何かを学びつつあります。
ヨガは日々何かを教えてくれる、気づかせてくれる、優しく力強い教えだと思います。
頑張らないで楽しんで続けて欲しい、そのお手伝いが出来たら幸せです。

タイ・バーホー氏プロフィール

繊細な仕上げと旋律的なスタイルで有名なタブラ奏者。

世界中を旅して演奏することで、タブラを使った型破りなコラボレーションをするクリエイティブな演奏家として有名。

師匠とともに北米、カナダをツアーで周るとともに、映画やビデオのサウンドトラック、ドラムのリトリートを開催するなど、精力的に活動を続けている。
アカデミー賞を受賞したドキュメンタリー「ボーン・イントゥ・ボロセルズ」でも音楽を担当。

▼タイ先生の音楽(動画)
YouTube動画が開きます。

▼タイ先生のWEBサイト
タイ・バーホー日本語サイト

ty
noriko_ヨガリトリート
今年は、『内なる波動を発見し あらゆる存在と響き合う』がテーマ。今回のリトリートでは、タイ先生の導きのもと、日本ではめったに体験することのできない【ビジョンクエスト】を行います。

【ビジョンクエスト】

このリトリートで、わたしたちは、何千年もの間行われてきたネイティブアメリカンの精神的伝統である”歴史あるプラクティス”ビジョンクエスト”を探求します。私たちは、私たちの生命の中で働いているエネルギー見つけ、つながることを学ぶでしょう。
精神と自然との関係を深めることによって、私たちは私たちを今あるように導いて来、また、私たちを魂とともに未来へ導く道筋を示す影響力をもつものを理解できるようになります。

タイは11年間、アメリカのモンタナ州のクリーインディアンのシャーマンのもとで修行し、彼の師の一族で聖なるつながりを持つ者として信頼されています。
彼は国際的に活躍する演奏家、レコーディングアーティストとしてよく知られていますが、彼の私生活は、精神的な道と自然と私たち自身の深い関係についての再覚醒に対する深い理解と情熱の中にあるのです。

ty

▼リトリートのスケジュール
クリックするとPDF版が開きます。
クリックするとPDF版が開きます。

◎集合および解散時間
8/24(金)

◇電車の場合
 12:20 JR加茂駅集合 
    ※ 加茂駅~古民家は送迎いたします。
◇お車の場合
 12:20に加茂駅西口にお越しいただき送迎車と一緒に現地まで参りましょう

8/25(土)

◇電車の場合
 7:45 JR加茂駅集合
    ※ 加茂駅~古民家は送迎バスをご用意いたします。
◇お車の場合
 7:45 JR加茂駅西口集合

8/26(日)

18:00 JR加茂駅西口着  >JR加茂駅

◎スケジュールの概要

※内容は若干変更になる場合がございます。

▼会場について
こちらのリンクをご覧ください。
会場の古民家「和康庵」の住所
京都府相楽郡和束町石寺初尾平21/地図

【写真でみる】築100年の古民家


ヨガ・リトリートの様子 >昨年の様子をみる


▼参加料金
フル参加(金土日) 48,000円(税込)

【料金に含まれるもの】
プログラムすべての参加費、2泊3日の夕食・銭湯・宿泊費・加茂駅送迎料金

土日参加(土日) 39,000円(税込)
【料金に含まれるもの】
プログラムすべての参加費、1泊2日の夕食・銭湯・宿泊費・加茂駅送迎料金

※このリトリートは、3日間ご参加されることをお勧めしております。ですので、ご予約がいっぱいになった場合、フル参加(金土日)の方を優先させていただきます。土日のみをご希望の方は、その点をあらかじめご了承くださいませ。

※【車割】について

お車でお越しになる方の中から、駅や銭湯往復の際に送迎のサポートをしてくださる方を募集いたします。
希望人数多数の場合、先着順、車種(定員)等により選考させていただき、当日、参加費から6千円キャッシュバック(【車割】)いたします。
ご希望の方はお申込みフォームのメッセージ欄に「【車割】希望(車種、乗車可能人数)」とご記入ください。

▼お申込みの流れ
・このページ下部の「お申込みはこちら」ボタンをクリックして必要事項をご記入ください
・3日以内に事務局からメールにて申込み確認の連絡をいたします
  (※3月中の参加申込みにつきましては、都合によりお返事を差し上げるまで1週間程度かかる可能性がございます。)
・メールに、参加費振込先等のご案内を記載しておりますので、期限までにお支払い願います


▼持ち物
・小さな楽器(キルタンの時に使用)※なければ、なしでもOK
・ヨガ・マット(※マットのレンタルはありませんのでご自身のものをお持ち下さい。)
・着替え(汗をかいても着替えられるよう、多めにお持ちになることをおすすめします。)
・スニーカー(滝行の行場には、トレッキング程度の山歩きが必要です。)
・滝行の際、水着か濡れてもいい下着、Tシャツ、短パン。(特に女性の方) 
・上着(9月ですが、けっこう寒いです。秋ものの上着をご用意下さい。)
・歯ブラシ・タオル・石鹸など(アメニティグッズは、ございませんので、各自ご用意ください。)
・虫除けスプレー/虫刺されクリーム
・保険証の写し

※箸、食器は、ございますので必要ありません。


▼Q&A
Q.飲み物は買えますか?
A.種類はありませんが、水、お茶などの飲み物は売店で買えます。

Q.洗濯はできますか?
A.洗濯は、銭湯での手洗いのみです。お寺は、湧き水のみですので、水が貴重ですので、洗濯はできません。ただし、洗濯物を干すことは、お寺でもできます。

Q.送迎バスは、随時運行していますか?
A.送迎バスは、随時運行しておりません。
  ですので、集合時間には遅れないように行動して下さい。
  もし、遅れる場合、または集合時間以外にこられる場合は、まで事前にご連絡下さい。(和束は、携帯の電波状況があまり良くないため、つながりにくいことがあります。)

Q.もっと具体的に内容を知りたいです。
A.昨年のヨガリトリートの様子をこちらにアップしているので、ご覧下さい。

  『ヨガリトリートat和束2010』のご報告
  >『ヨガリトリートat和束2011』のご報告

Q.仕事の都合で、土曜から参加したいのですが・・・。

A.2泊3日フル参加をお勧めしますが、土日参加も可能です。
土日参加の費用は、39,000円となります。

・最寄のコンビニ(ローソン和束南店)までは、徒歩6キロあります。ですので、現地での購入はほぼ不可能です。必要なものは、ご持参あらかじめご持参くださるようお願いいたします。持参すべきかどうか迷われた場合は、ガンガンお問い合わせくださいませ。>ローソン和束南店周辺地図

・宿泊は、古民家での宿泊となります。そのため、参加者全員が同室での宿泊となります。(男女は別)

・ヨガマットは、基本的にご持参ください。お持ちでない方は、下記メール又はお電話にて、ご相談くださいませ。

・お車でこられる方は、駐車場をご案内いたしますので、お申込の際にお知らせくださいませ。
 >京都・和束(わづか)へのアクセス・地図

・滝行は、体調(特に女性の場合)によっては、ご参加いただかなくても大丈夫です。滝に打たれなくても、修行場の滝付近には、大量のマイナスイオンが発生しており、その場にいるだけで、メディテーションには最適です。

・食事は、料理人あだちひろみさんがベジタリアン料理を作ってくださる予定です。非常に不便なところにあるため、アレルギー(そばなど。)のある方への細かなリクエストにはお応えしかねます。アレルギー等で食べられない食品がある方は、近隣に食料品店やコンビニ等がございませんので、ご自身が安心して食べられる日持ちする簡単な食品をお持ちになることをおすすめします。

・日程は上記の通りですが、スケジュール、食事の内容などは、変更になる場合があります。最新情報は、このページに掲載いたしますので、ご確認くださいませ。

※ご不明点がございましたら、お気軽にヨガ・リトリートat和束(わづか)事務局までご連絡くださいませ。
メール:om.nitya11@gmail.com
電話:0774-78-2911

▼このリトリート開催のきっかけ


おぶぶ副代表・松本

はじめまして。
「ヨガ・リトリートat和束」の主催者の一人である、京都おぶぶ茶苑副代表の松本です。

今回のリトリートは、世界に日本茶の魅力を伝える世界ツアー(アメリカ編)で、出会ったTy先生、そして数年前に左腕がしびれて動かなくなるまでに患っていた「頚椎ヘルニア」が、ヨガの実践により、驚異的に回復したことから、ヨガのすばらしさを世に伝えるために生まれた企画です。

▼タイ先生とは、ボルダー(コロラド州)でもお会いしました。
2009年2月15日 ボルダー訪問4回目の意味

僕たちは、リトリート会場である、京都・和束(わづか)町にて宇治茶を生産する茶農家のグループです。

ここ京都・和束(わづか)は、八百年の歴史がある銘茶産地で、都会からは隔絶された静寂に包まれた場所です。

そんな和束で世界的な先生をお迎えし、未知なる自己の探求と開放を図れたら、と企画しました。

今回のリトリートは、タイ先生と典子先生、そして京都おぶぶ茶苑の三者で企画するもので、非常に手作りで、少人数に限定し、参加者全員でイベント自体を作り上げてゆくものです。

お二人の才能、能力の高さは、ご存知の方も多いかと思いますが、今回のリトリートの魅力は、それ以上にこのお二人と、3日間寝食をともにし、ともにイベントを作り上げてゆくところにあると思います。

今、このページをご覧のあなた。
ぜひ僕たちと一緒にこのイベントを作り上げてみませんか!?

あなたの人生を大きく変えるものになるにちがいありません!

最後まで熱心にお読みくださり、本当にありがとうございます!

2010年の報告ページはこちら

2011年の報告ページはこちら

お申込はこちら
Return Top