京都大丸おぶぶカフェについて

【今日のおぶぶカフェ】感謝を込めて、、、。

こんにちは!

おぶぶカフェ店長 芳野隼人です。

お久しぶりですね。
皆様はお元気にされてますか?

、、、、、。
ちょっと硬いすね。

エホッ、、、!

いやぁ、お久しぶりですね。
みなさんはお元気でしたか?
(あんまり変わんないですね。。ニコ)

いやぁ、おぶぶカフェがね。。
7月30日をもってね。

閉店のときを迎えまして、、

営業最終日
最後の最後までオープン当初からお世話になっていたお客様が
ご来店いただいたりと感謝感謝の気持ちを一秒たりとも忘れないそんな素晴らしい時を過ごさせていただきまして、
もう私には『ありがとうございます!』の言葉しか出てこないのです。

そんなおぶぶカフェも
閉店のときを迎えまして、、

私のお店作りのイメージとして百貨店にありながら

『ご近所のカフェ屋さん』

気軽に入れる日本茶カフェを目指していました。

芳野隼人の「どうでもいい事をしゃべり続ける感じ」「グダグダ感」「ユルユル感」「引き締まらない感じ」

からするとだぶんイメージして無くてもこうならざるをえなかったでしょうが、、、、

みなさんも分かる分かるって頷いてますしね。。(、、でしょう?)

本当におかげさまで理想通りのお店になりまして、お客様からは

「百貨店じゃないみたい。」
「落ち着く。」
「ほっこりするわぁ。」(京都弁で「ホッ」とするの意味)

というお声をよくいただきました。

もうほんとうにうれしい限りです。

あるヒトに言われたんです。
「お前一人の力じゃないからなぁ。」って

少し自信過剰になっていた私も冷静になってみると、本当にその通りだなと、、、

お世話になっているヒトがジュングリジュングリ、、頭の中に出てくるんですね。

始めは二人でやっていたカフェもやがて一人でやるようになってきて

皆様に「大丈夫か?」「大丈夫か?」と心配して頂いて、
大丸様には、ただ「不安」の要素でしかなかったとおもうのです、、、。

最後はあの場所の『大規模改修』の関係で閉鎖することになったのですが

とりあえず最後までやり切ることが出来ました。
正直言いますと25年生きているのですが最後までやり切るというのは初めてのことです。

いつも挫折、、。挙句の果てがホームレスでしたから。
(ヨシのは一時ホームレスだったんです、、、。今だから(笑))

いやぁね。
自分で言うのもおこがましい話なのですが、『芳野隼人』という人間。

オープン当初から比べたらかなり成長させてもらったと思うんです。

(まだまだやけどな、、、。ボソッと皆さんのお声)

いや、もちろんそれはごもっとも!

あぁ、、話し始めると終わりなく話してしまいますので、ここで強制終了です。

本当に皆様のおかげ様でおぶぶカフェは無事このときを迎えることが出来ました!

「本当に本当に本当に、、、ありがとうございます!」(深~~~~っくお辞儀。)

2012-12-22-01

ヨシのの連絡不足でお会いできなかった方も沢山いらっしゃると思います。

「本当にごめんなさい」

芳野隼人は次の舞台

京福電鉄 嵐電 『嵐山駅 JK-WAZUKA』
(ホームの中。入場は無料です。営業9:00~8:00)

というところで「日本茶」「ジャズ」「お酒」という組み合わせのカフェバーにて

今までどおりお茶を淹れたり、お話したり、はたまたお茶を使ったカクテルをお出ししたり、
格好をつけまくってシャカシャカ、、とシェイカーを振ってみたりと、

またまた幅を広げて活動していきます。またそちらにも遊びにいらしてください。

楽しみにお待ちしています!(シャカシャカ、、、。笑笑)

おかげさまで、おぶぶカフェ1年8ヶ月。開かせていただきました。

『本当にありがとうございました!』
『今後とも ”おぶぶ茶苑” 並びに(?)”芳野隼人” よろしくお付き合いお願い致します!』

長文で乱文失礼致しました。

感謝の意をこめて。。。

おしまい

おぶぶカフェ店長 芳野隼人

▼ facebook <おぶぶカフェ店長 芳野隼人>
hayato.yosino@facebook.com

(↑上のアドレスをfacebookの友人検索で検索してみてください。緑ののれんが目印)

Return Top