お茶&茶畑イベント

日本一を一緒に目指してもらえませんか?

今週末、5/13土曜日に日本一を目指して、お茶摘をします!


いつもブログをご覧いただいております皆様も、ぜひご参加くださいm(._.)m

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

おぶぶ茶苑では、
8年前から真剣に日本一を目指しお茶づくりをしています。

日本一って、またまたーって
思いました?

(null)みんなで楽しくお茶を摘んでるだけちゃうのっ?
と思われたかとですので、説明させてください。

実は、凄く真剣に茶畑で手摘みをしているところだったりします。
何のためにそんなに真剣なの?と言いますと、

全国茶品評会に出品するお茶を、皆様と一緒に摘んでいるからなのです。

その全国茶品評会とは、全国の茶産地から選りすぐりの茶葉が、その優劣を競う品評会です。

(null)つまり、お茶業界の甲子園ってかんじですね。

(null)

その品評会に出品するため、オーナー様や世界中のお茶好きな人々と一緒に、日本一を目指し真剣に挑戦しているのです。

(null)

まだまだお茶の世界は奥が深く、
その頂きには届いていませんが、
毎年毎年、一歩一歩、前に進んでいることを実感しています。


そしてその準備のため、
2016年度全国茶品評会、
「普通煎茶4kgの部門」で、
一等の農林水産大臣賞を受賞された
静岡本山茶
農業生産法人有限会社 ネクト
代表取締役 石原 弘敏さん
のお話を伺いに
静岡県茶産地 本山 まで行ってきました。
石原さん受賞風景

(null)

石原さんやネクトさんは
本当に懐が広く深い方々でした。

ありがとうございます。

(null)
石原さん達も、農林水産大臣賞を受賞するのに、17年かけられたそうです。
その間に培ったお茶づくりのお話や、
地域ぐるみでの取り組み、
本山町やJAさんの熱心さの
お話もすごく詳細まで
お話いただきました。

僕たちも、石原さんのような
カッコイイgentle manに
なりたいです。

そのお話の中で
たくさんヒントをいただいたのですが、今年すぐに出来ることも教えていただきました。

それは、
1芯2葉で丁寧に手摘みをすることはもちろんなのですが、茎の長さにこだわるとさらなる高みにいけるようです。

(null)
毎年、熟考して改良をしているのですが、今年はより摘む時の品質にこだわり、皆さんと一緒に挑戦を続けたいと思います。

ネクト 石原さんの熱い想いと度量とお茶を愛する気持ちに、敬意と感謝を表明したいと思います。

またいつもご支援いただいているオーナー様や、これまでご参加いただいた皆様に感謝致します。

本当にありがとうございます。

そんなお茶を愛する気持ちにおもいをはせながら、このイベントをどうぞ

(null)ポチッと⤵︎
一緒に日本一目指してもらえませんか?
今年は 2017年5月13日土曜日ですっ



今までの日本一茶摘体験が気になるっ というかたは コチラ

この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

hiro
hiro
おぶぶの
まつりごと
冷凍煎茶工場守
スーパーサブを担当しています。

日本茶インストラクター
(認定番号01-0241)

一瞬一瞬を楽しみ、
シアワセと感動を皆さまと分かち合えたらいいなと思っています。和束でお会い出来たら嬉しいです。

焚き火大好き。
プチサバイバー目指してます!
Return Top