【セミナー講演】京都大学「京都創造論」

この日は、京都大学の「京都創造論」という講座にて、国際インターンとともに講演させていただきました。
この「京都創造論」という講座は、京都大学のCOC(Center of Comunity:京都における地(知)の拠点)としての役割をさらに果たすために始まった講座です。
▼なぜ京都大学がCOC事業を?
京都大学、いよいよ京都に恩返し
講師陣は、外部講師を招いてらっしゃり、おぶぶのほかは、京都府知事、京都市長、菊の井の三代目主人・村田吉弘さまをはじめ、そうそうたるメンバーです。
(背筋がいままでにないくらい伸びてます!)
インターン生3名とともにおぶぶ副代表松本がお話に行かせていただきました。
これから京都の、そして日本の未来を背負う若い皆さま、新茶とおぶぶの活動の紹介を楽しんでいただけましたでしょうか?
なにか得るものがあれば、幸いです。
このような機会を作ってくださいました、峰元さん、柴先生、中島先生そして高見教授、本当にありがとうございました。
また来年もお会いできることを楽しみにしております。
この記事を書いたおぶぶメンバー-Author Profile

松本 靖治
シングルオリジンの荒茶(あらちゃ)の魅力、そして喜多をはじめ茶産地・和束に生き、茶に命をかける人々の情熱に感激し、おぶぶの立ち上げより参画。

まだ世界に知られていない、日本茶の魅力を世界に伝えるべく、文字どおり世界じゅうを駆けめぐる多忙な日々を送る。

おぶぶの伝道師。日本茶インストラクター第7期。1974年、奈良出身。

このおぶぶメンバーの他の記事-Latest entries

おぶぶについて2022.03.24【受賞御礼】はなやかKANSAI魅力アップアワード特別賞 by 経産省
受賞御礼2021.12.09【受賞御礼】ディスカバー農山漁村(むら)の宝 特別賞
新着情報2020.04.06緑茶カテキン(EGCG)の新型コロナウイルスへの抗ウイルス作用がもっとも高いとの研究結果が発表
イベント2019.12.24日本百貨店しよくひんかんでも「大福茶」ご購入いただけます。